駐在女子はゆるく生きたい

駐在女子はゆるく生きたい

日本に帰りたくない中国駐在女子が、中国や結婚のことをゆるっと考えてるブログです。

駐在女子オススメ。女子旅の候補地に、今こそ中国を!

にーはお!りんこです。

わたしは個人的に、中国はとても住みやすい国だと思っています。

ただ旅行となると、「行ってもいいけど他にも行きたいとこあるし・・」と、二の足を踏みがちなのでは。

 

訪中日本人数はというと、2016年は少し回復したものの、やはりトレンドとしては減少傾向にあるようですね。

参考:日本政府観光局

https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/20180330_4.pdf

 

それでもあえて言いたい。

「今こそ女子旅は中国へ」と!!

 

中国駐在中のわたしの元には、有難いことに多くの友人が訪れてくれます。

中国旅行に対する期待値が高くない人が殆どですが、帰る頃には、みなさま「絶対また来る!!」というテンションで帰国していきます。

 

女子が再訪したくなる中国旅行の魅力とはなんでしょう?中国在住のわたしが考える魅力を、三つお伝えしたいと思います。 

中国の魅力が伝わりますように!

 

<1>ご飯が安くて美味しい。 

女子旅でも人気のコンテンツ、屋台フードやB級グルメ

中国にもありますよ、おいしくて安ーい地元フード!

 

中でも私が好きなのは、麻辣湯(マーラータン)。

f:id:nihao11rinko:20180417114106j:plain

私が愛して病まないチェーン店、HOPE TREE♪

f:id:nihao11rinko:20180417114123j:plain 

自分で好きな具材をチョイスする量り売りスタイル。

一人用の火鍋を作るイメージ。野菜たっぷり入れられるので、超ヘルシー。

麻辣烫を愛しすぎるがあまり、別記事にて熱く語っております。

nihao-rinko.hatenablog.com

世界最大美食の一つなんですから、そりゃあ中華料理、間違いないですね!

旅において「食」を重視する女子たちは、ぜひ中国へGO!

 

<2>高級ホテルに破格で泊まれる。

さて、「食」をアピールしましたので、今度は「住」カテゴリーです。

 

中国といえば「北京」「上海」旅行のイメージが強いと思います。確かに、この二つの都市はホテルが東京なみに高い・・・

 

しかし!隣接する都市名で検索してみましょう。

すると、名だたる外資系高級ブランドホテルが破格で泊まれることに気づくはず!

 

例えば、北京から新幹線で30分の街「天津」で、検索してみると。

 

f:id:nihao11rinko:20180417115804p:plain

 

一方、東京はというと。

 

f:id:nihao11rinko:20180417120003p:plain

 

なんと、天津のリッツカールトンは東京のリッツカールトンの三分の一以下のお値段で宿泊可能なんです。

じゃあ中身が悪いのでは?と思うなかれ、天津のリッツカールトンの方が東京より新しくて綺麗ですし、サービスも悪くないですよ。

(ちなみに私は天津のリッツカールトンを「世界一お得なリッツカールトン」と呼んでいます。責任は持ちません。) 

 

上海を旅行するなら、ホテルは蘇州(新幹線で30分)でとってみるとか、

北京を旅行するなら、ホテルは天津(新幹線で30分)でとってみるとか。

 

工夫次第で、「素敵女子会@素敵ホテル」ができること間違いなしですよ! 

 

<3>SNSデトックスができる。

f:id:nihao11rinko:20180530124834j:plain

はい、もうこれがメリットのすべてと言っても過言ではありません。

 

そこの女子、毎日毎日インスタ映えランチで疲弊してません?

LINEに既読をつけまいと、通知ばかりが増え、消耗してません?

週末なのにグーグルメール開いて、週明けに処理しなきゃならない面倒な案件見ちゃって、お休みなのにずっと落ち込んでません?

 

中国に来ればぜーんぶまとめて解決ですよ!

なんてったって、強制圏外ですから!!

 

ご存知の通りセカイVPN 等のVPNを使えば、中国で禁止されているGoogle, LINE, Youtube, Instagram, Facebook, Twitterが使用できますが、私は訪中する友人たちに敢えてそれをオススメしません。(もちろんそのような環境であることは説明しますが。)

 

 

だって、みんなせっかく有給休暇とって中国に来てくれてるんですから。

上司には「一週間連絡つながりませんので、よろしく」で良いじゃないですか。

 

仕事やインスタ映えを忘れて中国旅行を楽しんでくれた友人たちが、スッキリと晴れやかな顔で帰っていくのを、わたしはいつもとても嬉しい気持ちで見送るのです。

この時ばかりは監視国家も悪くない・・・?

 

ちなみに私もこちらで駐在生活を始めてから、ほとんどLINEは触っていません。

大事な家族や友人には、Wechatのダウンロードをお願いしました。

2年あまり経ちましたが、困ったことは一度もないですね。

 

LINEの友達400人いたって、別に必要ないんだなあ〜と、感じています。

これぞ、SNSデトックス。みんな、呪縛から逃れようぜ〜。 

 

結論。中国は女子旅に最高!

以上、駐在女子の観点から中国をご紹介してみました。

 

わたしは特にSNS疲れの女子たちにオススメしたいのです。

キラキラハワイやキラキラグアムより、のんびり中国来てみませんか?

コスパ最高の高級ホテルと、病みつき屋台フードが待っていますよ!

 

日本から3時間ほどで行ける魅惑の国に、ぜひいらしてみてくださいね。